都市と地方のはざま

地方から政策立案の素材になるようなアイデアや新たに発見したことををシェアします。発展的なコメントは大歓迎です。

海外にも通用する日本の結婚証明書について

こんにちは

 

リーガルウェディングについて、担当者へヒアリングしたり、現行法制度について調べてみたので、シェアしたいと思います。

 

◉日本の婚姻制度について

 日本では、結婚するとなると、婚姻届を市役所に届け出ます。実は、届出だけで婚姻が成立する国って、珍しいみたいです。

 

たとえば、フランスでは、婚姻届は手続きの始まりにすぎない。以下のようなステップを踏む必要があります。

  1. 役場で届け出た両名に事前面接を実施
  2. 役場の掲示板等に婚姻する旨を掲示(官報に公示みたいなイメージかな)
  3. 双方の家族は、婚姻に対して、異議申し立てできる
  4. 異議申し立てがあれば、大審院に異議申し立ての解除を申し立てなければならない
  5. 指定された期間中に挙式をあげて、晴れて婚姻が成立する

 厳格に法のもとに置かれていますね。だからフランスでは事実婚が多いのかもしれません。

 

◉婚姻の事実(外国→日本)

 日本人が海外で挙式をあげた場合、日本国内で婚姻を有効とするにはどうすればいいでしょう?

法務省のHPより抜粋(http://www.moj.go.jp/MINJI/minji15.html#name3

外国の法律上有効に婚姻が成立し(注),その国が発行する婚姻に関する証書の謄本が交付されている場合(以下,このようにして成立した婚姻を「外国方式の婚姻」といいます。)には,あなたの戸籍に婚姻の事実を記載する必要がありますので,婚姻成立の日から3か月以内に,婚姻に関する証書の謄本(日本語訳の添付が必要です。)を,日本の在外公館に提出するか,本籍地の市役所,区役所又は町村役場に提出又は郵送する必要があります。

 一方,婚姻が成立していない場合に,あらためて日本方式の婚姻(Q1参照)をするためには,市区町村の戸籍届出窓口に婚姻の届出をする必要があります。

 

やはり国の制度によるんですね。

 

◉婚姻の事実(日本→海外)

では、外国人が日本で挙式を挙げた場合、婚姻の証明を対外的に証明するにはどうすれば良いのか。日本の制度に依れば、婚姻届を役所に提出することになります。そして、おそらく婚姻に関する証書の謄本を対外的に有効な形(英訳、中国訳など)で、母国の役所に提出するのでしょう。果たして日本国内で、海外でも通用する証明書が発行できる役所があるのでしょうか。沖縄と軽井沢に事例があるそうです。今後増えてくるでしょうが、いずれにせよ法務局との連携が必要です。

 

以上、リーガルウェディングについてまとめてみました。