都市と地方のはざま

地方から政策立案の素材になるようなアイデアや新たに発見したことををシェアします。発展的なコメントは大歓迎です。

TOEICを受験するのが面倒くさい人へ

TOEICの受験って、コストがかかります。移動時間をふくめた時間コストと約5000円の受験料。。

 

TOEFLに比べて、受験料が安くて、KJも定期的に受験していましたが、結果も芳しくないのに土曜を潰すのがバカらしくなったので、足が遠のいています。

 

そんななか、オススメなのがCASECです。

casec.evidus.com

40分程度でおおよその自分のTOEICの点数が図れます。受験料は3600円と低額だし、なにより自宅やカフェから受験ができるのが大きなメリット

是非試してくださいね

 

ではではー!

仮説設定できる強力なツール

勝間和代さん。「カツマー」という愛称で知られる勝間さんの著作を読んでいます。

2008年だから今から10年前に書かれた本なんだけど、その有用性は色褪せない。

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践

  • 作者: 勝間和代
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2008/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 41人 クリック: 456回
  • この商品を含むブログ (290件) を見る
 

仮説設定に方法があるとは、知らなかった。。。

 

ちきりんさんをはじめ、外資系コンサル出身の人が2✖️2、もしくは、3✖️3のフレームワークから入るのは、なぜなのか?

 

   
   

 

MECE(MECE(ミーシー)とはMutually Exclusive and Collectively Exhaustive(モレなくダブりなく、の意)の頭文字をとったもので、「ミッシー」とも呼ばれます。)の状態を強制的に作り出して、精度の高い仮説を作るためだったんですね!

 

多分ビジネスパーソンにとっては、基本的なことだと思いますが、仮説設定のフレームワークであったということを認識している人は少ないのではないでしょうか。

 

身近な事象にあてはめてみます。

 

例えば、「幸せな人ってどんな人?」

 

多い     友達の数      少ない
B A
C D
  少ない     心を開ける友達の数      多い

 

縦軸を「友達の数」、横軸を「心を開ける友達の数」にしました。

例えば、事象Cは、「心を開ける友達の数」も「友達の数」も少ない。

 

このあてはめが失敗しているのは、

①幸せという概念に対して、MECEを図るのは難しい

②①に加えて、軸の設定で、友達の数をあてはめたのは主観的である

 

という点が挙げられます。

 

このように一朝一夕ではうまくいきませんね。著書では、仮説設定ができるようになるまで、半年から数年のスパンの地道な積み重ねが必要だと説いています。

 

実践方法は、著書にかいてあるので、ご参照ください。

 

KJは、政策立案にこのフレームワークを当てはめて訓練していきます。うまくいった例があったら、このブログで報告しますね。

 

ではではー!

才能のない自分に贈る英語学習法①

具体的な学習方法に入る前に、kjが着目したポイントを書き出しておきます。

 

◉社会人で時間がない ➡︎ 限られた時間で成果を出すためにはどうすればいいか?

会社で働きながら学習するリバレッジが働いてきました。

すなわち、ビジネス思考 ✖️ 完全英語マップ です。

 

◉人並み以上に記憶力が悪い ➡︎ 暗記を最小限にして、無限大の文章を生み出す方法がないか?

Have take get といった基本単語や in off at といった前置詞の意味を組み合わせることで、少ないwordで、たくさんの表現を生み出す。

 

◉とはいえ、覚えないといけないことをどうやって覚えるか? ➡︎ 感情に訴えて、心で覚える。

心で覚えたことは一生忘れないといいます。これを英語学習法に活かします。

 

◉勉強ってつまらないよな ➡︎ 英語学習をゲーム形式・感覚でやります

ゲームが何時間もできるという理論を英語学習にも取り入れます。

 

このような点に着目して、自分で英語の学習方法をプログラムしてみました。

少しずつ公開していくので活用してくださいね。

英語上達完全マップにであってから今まで④

 

 

f:id:kj0903:20180722140452j:plain

 

もちろん頭の良さは記憶力に拠るものばかりではありません。巷にあふれている成功体験のブログは、個人的な資質を無視して、成功体験のみ一般化しているので、注意が必要です。と、話がそれましたが、前回の投稿で指摘した完全英語上達マップの核である

 瞬間英作文が自由自在に操れれば、話せるようになる

 という部分には個人差があります。もちろん加齢による能力の衰えも無視できません。

 瞬間英作文は、

日本語を見る ➡︎ 英語に変換する ➡︎ 英語を話す

英語を聞く ➡︎ 日本語に変換する ➡︎ 理解する

 という過程が必然ですが、

自分にとっては「日本語に変換する」処理がうまくいきません。というか頭の回転が遅くて処理が追いつかないのです。

 

英語上達完全マップに出会ってから今まで③

誤解をしないでください!

英語上達完全マップのやり方を否定する訳ではありません!!!!

むしろ知る限り最も効果的な学習方法です!!

 

むしろ、自分の資質であるとか、生活スタイルに転用する、アレンジメントが大切じゃないかと思います。

 

最低点を叩き出した2018年3月実施のTOEICでこんなことを天井を見上げながら考えていました。

 

f:id:kj0903:20180722134515j:plain

 

完全マップで核となるのは、

  1. 瞬間英作文が自由自在に操れれば、話せるようになる
  2. 眠っていた英語の知識が稼働をすれば、聞けるようになる。

この2点に尽きると思います。

 

ここから、実は個人の能力差の問題が出てきます。

英語上達完全マップに出会ってから今まで②

 

 

完全英語上達マップとは、森沢洋介先生が出版されている

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

 

です。

 

いろんな方が、完全英語上達マップを10ヶ月やってみた〜みたいなブログを書かれているので、是非ご参考ください。

 

英語上達完全マップを実践しはじめてから定期的にTOEICを受けていたのですが、その結果が以下の通りです。

f:id:kj0903:20180722132603j:plain

2017年3月実施分で725点を最高点として、2018年3月実施分では575点という最低点を記録してしまいました。やり方を変える必要があります。

英語上達完全マップに出会ってから今まで①

2013年7月1日からstudyplusというアプリで英語学習の記録をつけてきました。

 

2018年07月22日(現在)まで

 

1021時間を記録しています。

 

この数字を多いか少ないかとかってあんまり意味がないんだなあって最近気がつきました。

f:id:kj0903:20180722124642j:plain

❌ 何百時間も英語を勉強する  ➡︎  英語が流暢に話せる 

時間数は必要条件であって、十分条件ではないのですね。

 

 

 

%3CmxGraphModel%3E%3Croot%3E%3CmxCell%20id%3D%220%22%2F%3E%3CmxCell%20id%3D%221%22%20parent%3D%220%22%2F%3E%3CmxCell%20id%3D%222%22%20value%3D%22Cloud%22%20style%3D%22ellipse%3Bshape%3Dcloud%3BstrokeWidth%3D2%3BfontSize%3D14%3BwhiteSpace%3Dwrap%3Bhtml%3D1%3Balign%3Dcenter%3B%22%20vertex%3D%221%22%20parent%3D%221%22%3E%3CmxGeometry%20x%3D%22350%22%20y%3D%2255%22%20width%3D%22250%22%20height%3D%22230%22%20as%3D%22geometry%22%2F%3E%3C%2FmxCell%3E%3C%2Froot%3E%3C%2FmxGraphModel%3E